メインイメージ画像

ドライバーの派遣で働く際は保険加入の有無を確認しましょう

何か自分にできる仕事を探していて、ドライバーの求人を見た事がきっかけで、ドライバーの仕事を始める人が増えていますが、ドライバーの業務を派遣という形で行う場合には、そのドライバー業務で使用する車両に、保険が付いているかどうかを確認しておく必要があります。ドライバーとして車両を運転して業務を行う場合には、一般道を走行する事や高速道路を走る事になる為、当然車両同士、または車と器物、そして車両と人身との事故を起こす確率は無くありません。



万が一、ドライバーとして派遣された勤務先にて、勤務の最中に車両を運転していて事故に遭ってしまった場合、ドライバーの乗る車に保険が付いているかどうかが、非常に重要なポイントとなってきます。数多くある派遣ドライバーの求人、そしてドライバー業務を仕事としている企業では、自動車賠償の責任保険である、いわゆる自賠責保険に加入している車がほとんどであり、自賠責保険に加入していない車両を使って、派遣ドライバーが仕事を任されることは一般的にありません。



ドライバーを派遣もしくは正社員として雇用している会社のほとんどが、自動車賠償の責任保険、いわゆる自賠責保険に加入している車両を、ドライバーが乗車する車両として使用している理由は、万が一、派遣ドライバーや正規社員のドライバーが企業の所有する車両に乗って事故を起こしてしまった際に、高額の損害賠償金に関しては、保険金を使う事無く企業が負担して支払わなくてはいけない事になるからです。

ドライバーの求人を見てドライバーになって、社が所有している車両に乗車して、ドライバーとしての業務を行っている時に事故を起こした場合でも、派遣ドライバーや正社員のドライバーが運転していた車両に自賠責保険が付きますので、ある程度ならば自賠責保険の保険金で、事故の被害者に損害を賠償できます。

しかし、事故の損害賠償額が、自賠責保険の支払い可能額を超えた場合には、派遣ドライバーや正社員ドライバーを勤務として乗車させていた会社が、被害者に対して損害賠償をする事となります。